九重スキー場清掃ボランティア活動

九重森林公園スキー場で清掃ボランティア活動が行われました

10月29日(土曜日)九重森林公園スキー場を練習拠点とする競技部を中心に、同スキー場でゴミ拾いに取り組みました。

参加したのは当スキー連盟所属クラブ員、ジュニアチーム員とその保護者、合わせて約20人です。同スキー場では感謝の気持ちと体力づくりを目的に清掃ボランティア活動が行われています。参加者はゲレンデごとに分かれて1時間半ほど汗を流しました。拾い集めたゴミは約3キロで、ペットボトルのキャップやプラスチック片、木くずなどの資材の破片などでしたが、昨年よりゴミは少なかったように思います。
閉会式では当スキー連盟競技部長が労をねぎらった後「九重スキー場は今シーズン九州唯一のスキー場として営業します。大勢の来場者が予想される中、練習環境を提供して頂ける同スキー場に感謝するとともに、上位を目指してこれからも頑張ってください」とあいさつしました。

 

 

新着情報へ 

TOPIC一覧へ 

© 2022 大分県スキー連盟 Powered by AFFINGER5